在学生・卒業生の声

内定者

株式会社名古屋銀行 内定

大西 澪さん

経済学部 4年

愛知県立東海南高等学校 出身

取得資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士

「EXP」やゼミなどで大きく成長できた4年間。
その能力や人柄を試せる金融業界へ。

私は世の中に必要不可欠な経済を大学で専門的に学び、将来の就職活動にも活かしたいと経済学部を志望しました。経済学部を設置している大学は数多いですが、中でも中京大学を選んだのは、学生の育成に力を入れている学校であり、選抜制実践教育プログラム「EXP」があることに魅力を感じたからです。その「EXP」では、2年次に「ロジカルシンキング」と「戦略思考とコンセプト思考」を受講し、論理的思考を修得。3年次の「キャリア・マネジメントⅠ・Ⅱ」では模擬面接やグループワーク、ディスカッションなど実践的なトレーニングを積みました。実際に他の学生と議論を闘わせて繰り返し学ぶことで、強い苦手意識を持っていたグループワークもスムーズにできるようになり、自分の成長を実感しました。このプログラムを受講したおかげで、今後社会人としても役立つスキルを修得できました。

充実した大学生活すべてが自分の糧に。

大学生活で特に力をいれたのは、ゼミとアルバイトです。2年次の秋学期から4年次の秋学期まで所属したゼミでは、「経済政策」をテーマに、政府が行う政策の中でも特に近年問題視されている社会保障制度や少子化対策に着目しました。その政策における必要性や効果を学びました。順番に学修の成果を発表し、それを聞いた上での意見交換の場が各回で必ず設けられていたため、常に物事に対して自分の意見を持つようになりました。また、飲食店でのアルバイトは入学してから卒業まで続け、責任のある立場を任されるようになり、働くやりがいを感じることができました。一つのことを長く続けた経験は就職活動の面接でも人事の方に評価してもらえました。

自分の能力を磨いて、お客様の気持ちを汲み取れる行員を目指す。

人の生活の基盤であるお金を扱う金融業界なら多くの人と関われるため、自分自身の能力や人柄を試すことができると考え、この業界を中心に就職活動を行いました。特に、地元での就職を希望していたため、東海圏の地方銀行や信用金庫の説明会に参加しました。採用試験ではキャリアセンター主催の「いつでも学べる就活対策セミナー」でグループディスカッションや模擬面接について学んだことが大変役立ちました。
 興味のある会社の採用試験を受ける中で、同じ業種でもそれぞれの会社に特徴があることに気づき、人柄をとても大切にしていると感じた名古屋銀行に入行を決めました。希望の金融機関に就職できたので、今後は銀行員として活躍するために、証券外務員などの必要な資格取得に励みたいです。

 

 

※EXP(エグゼクティブ・プログラム)
企業幹部および上級公務員などに求められる実践的なスキルの修得と、リーディング企業への就職をサポートする選抜制プログラム。

2016年1月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE