在学生・卒業生の声

内定者

三菱商事株式会社 内定

小川 向日葵さん

国際英語学部 4年

中京大学附属中京高等学校 出身

英語を気軽に話せる環境だった4年間。
多くの人との出会いが自分を成長させてくれた。

就職活動の目標は「人の暮らしを支える大きな仕事」に就くこと。そして、中京大学で学んだ英語を使える仕事であればより良いと思い活動を始めました。一方で、システムエンジニアやモノ作りにも関心があったため、幅広く情報を集めるようにし、インフラ業界や自動車業界、商社といった市場規模の大きい職種や国際的な企業に興味を持つようになりました。そこから絞りこんでいくために、大学主催のセミナーは基本的に全部参加するようにし、キャリアカウンセラーの方と面談をするなどして、積極的に学内のサポートを利用しました。さらに、父の助言で気になった会社の卒業生を訪問しました。そこで実際に働いている方の意見や就職活動時の体験談を聞かせてもらえたことは、採用試験を受ける会社を決めるのにとても役立ったと思います。

ネイティブスピーカーの先生から英語でのコミュニケーションを学ぶ。

中京大学には魅力的な学部が多く、高校3年次の進路選択ではとても悩みましたが、素直に好きな英語を学ぼうと国際英語学部に進学しました。この学部では、授業は基本的に英語のネイティブスピーカーである外国人の先生が担当してくれるため、英語そのものを学ぶことはもちろん、英語を母国語としている人の考え方や文化の違いも学修できました。「Academic Writing」、「Reading」、「Presentation」など、どの授業でも自分の意見を積極的に発信していくことが重視される内容だったため、自分で考えて課題を解決することが多く、英語力の向上につながりました。また、国際センター主催の「ウェルカムパーティー」、「ハロウィンパーティー」、「Let’s国際交流」といったイベントにも率先して参加し、外国の方と直に触れ合えたことも英語を理解する助けになったと思います。このように世代関係なく英語を気軽に話せる環境で4年間過ごせたことは、私の大きな財産になりました。

自分と違う考えの人との出会いが成長につながる。

2年次にアメリカのオレゴンに留学した時のホームステイ先のホストマザーとは、最初は必要な会話しかなく、ホストスチューデントに興味のない人かと落胆しましたが、生活していくうちにそれがホストマザーの性格だということがわかりました。それなら遠慮することはないと、こちらから積極的に関わるうちに、徐々に心を通わせ、最後には今でも連絡を取り合っているほど仲良くなれました。この留学で、自分と考え方や表現方法の異なる人と出会い、当たり前ということはないと気づくことができ、自分の考え方の幅が広がり成長できたと思います。こうした経験を社会人として働いていく上でも活かし、規模の大きい会社だからこそ多くの人と協力しながら、自分にしかできない仕事をしていきたいです。

2015年10月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE