在学生・卒業生の声

OBOG

株式会社リクルートキャリア

福田 恵子さん

総合政策学部

名古屋市立桜台高等学校 出身

株式会社リクルートキャリアとは・・・
人材・住宅・結婚・旅行など様々な領域において、新たな価値と出会いを生み出し続けてきたリクルートホールディングスのグループ会社。リクルートキャリアは、人材ビジネス領域事業において、新卒・中途採用を中心とする正社員雇用領域を担当。《ひとりでも多くの人たちが「働く喜び」を膨らませ、「働く喜び」の輪が、新たな活力を生み出している社会を創りたい》をビジョンに掲げ、事業展開を行っている。

チャンスをどう活かして伸ばすか。
マーケティングをベースに自らの可能性を広げた。

具体的な職業は決めていなかったものの、大学入学前から「将来、役立つ学びを」という思いがありました。総合政策学部を選んだのは、企業人や経営者を講師に招くなど、学生が実社会と接する機会や、企業との協同プロジェクトに参加するチャンスがある点に惹かれたからです。大学在学中に企業と共に進めた商品開発プロジェクトは、特に印象に残っています。また私は在学中、ゼミの仲間と学内外のビジネスコンテストに積極的に出場し、それらを通してマーケティングの手法を体験的に学びました。3C分析※1、SWOT分析※2、バリューチェーン※3など、プロジェクトを通して身につけた手法は、社会人となった今も仕事に活かされています。

自分を見つめ直すことで、進むべき道が定まった。

人材採用を希望する企業のサポートが、今の私の仕事です。顧客企業の事業計画に合わせて採用プランを提案したり、求人サイト上における広告制作のディレクションを行い、転職を希望される方がその企業へ興味を抱いて応募していただけるよう試行錯誤しています。毎日忙しく大変なこともありますが、人と企業を結びつける人材の仕事ができることにやりがいを感じています。就職活動の際、不安や焦りから内定獲得=ゴールのように思った時期もありました。しかし改めて自分がやりたいことは何かを見つめ直し、「進学や就職、転職といった、人がキャリア選択をする際に関わる仕事をしたい」と、この会社で働く決意を固めました。社会では、大学生活で何を得たかが評価されることも実感しました。

プロジェクトで体得した経験と力を将来へつなげる。

社会では情報が届くのを待つのではなく、自発的に収集する姿勢が求められます。商品開発ではコスト面などを考えてムダをそぎ落としていかねばなりません。これらの気づきや、要望を把握する力や交渉力など、大学でのプロジェクト研究を体験して得たものは、私にとってどれも欠かせないものばかりです。私は現在、仕事に真正面から取り組みつつ、そこで聞いたお客様からの要望を新規事業のヒントとしてストックするなど、自分と会社の将来の可能性も探り続けています。皆さんも自ら進路を狭めず視野を広げて、可能性をどう育むかを考えてみてください。大学選びも同様に、自分で考えて選べば、大学で可能性は大きく開けると思います。ぜひ自らの興味の幅を広げ、様々なことに挑戦してみてください。

 

 

※1 3C分析
市場・顧客(Customer)の規模やニーズ、競合(Competitor)、自社(Company)の強み・弱みを把握して戦略案を立てる手法。

※2 SWOT分析
強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)の4カテゴリーで現状を評価し、目標達成を図る経営戦略法。

※3 バリューチェーン
製造・物流・マーケティング・販売など各プロセスでどのような価値が付加されているか、競合と比較してどのプロセスに強み・弱みがあるかを探る手法。

2015年7月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE