在学生・卒業生の声

内定者

伊藤忠食品株式会社 内定

近藤 雄大さん

スポーツ科学部 4年

盛岡大学附属高等学校 出身

スポーツの持つ力を知り、素晴らしさや意義深さを実感。

スポーツを幅広く学び、物事を多面的に見ることの大切さを知る。

大学では「障害者スポーツ論」や「労働生理学」などを通じて、スポーツと健康との関係について科学的な視点から幅広く学ぶことができました。とくに、障害のある方が新しいコミュニティ作りのきっかけにスポーツの力を必要としていることを知り、その素晴らしさや意義深さを実感しました。また、海外スポーツトレーナー研修でアメリカへ行き、メジャーリーグのトレーニング施設などを見学したことも強く印象に残っています。有名選手が実際に使っている現場で最先端の理論を体験できたことは貴重な経験となりました。高校生までは競技者としての視点だけでスポーツをとらえていましたが、中京大学でスポーツを多面的に学んだことで、さまざまな角度から物事を見ることの大切さを知りました。

キャリアセンターでの交流を通じ、仕事に対する視野が広がる。

就職活動では、キャリアセンターがとても役に立ちました。企業で人事の担当をされている方から直接お話が聞ける「企業・官公庁セミナー」の講演会があれば、業種に関係なくできるだけ顔を出しましたし、OB・OGの方と面談して就職活動に関するアドバイスや実際の仕事の体験談などが聞ける「業界・業種研究会」にも、よく参加しました。特にOB・OGの方の話は、通り一遍の耳障りのいいことばかりではなく中には厳しい話もありましたが、親身になって私たち後輩のことを思ってくれているのだなと感じ、とても役に立ちました。私はもともと建設業を志望していましたが、就職先には食品流通業者を選びました。キャリアセンターでいろいろな情報を得ていくうちに、コンビニなどで好きな食べ物を手に取ることができるのは食品流通業者がいるおかげだと知り、興味を抱くようになったのがきっかけです。多くの方との交流を通じ、自分自身の視野も広がったように思います。

脈々と受け継がれてきた良き伝統を、後輩にも受け継ぎたい。

全国からさまざまなスポーツのトップアスリートが集まってくることも中京大学の特徴ではないでしょうか。日本一になったことのあるようなアスリートと日常会話をするなど、身近に感じることができて、とても刺激的でした。また、就職活動でもお世話になったOB・OGの方々が国内外のさまざまな分野で活躍しているのも、後輩として心強く思いました。先輩から後輩へとつながる中京大学のよき伝統を私も受け継ぎたいと思い、就職が決まってから卒業するまでの間、「学生アドバイザー」となって後輩たちの就職活動をサポートしました。

2014年11月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE