在学生・卒業生の声

内定者

旭化成ホームズ株式会社 内定

石井 萌子さん

心理学部 4年

名古屋市立名東高等学校 出身

自分を信じて突き進んでください。

人の心に興味を持ち心理学部を選択。

心理テストの根拠は何か、心理学は本当に人の心が読めるのか、人の心について興味を持った高校時代。心理を学ぶとはどういうことかを知りたいと思い、実験、応用、発達、臨床の4つの領域から心理学が学べる中京大学の心理学部へ進みました。
授業の中でも特に興味深かったのは2年次の「臨床心理学概論」です。医師が患者の話にうなずくだけで身体的な症状が改善されるという話を聞き、心と体はつながっていると知りました。また話す時に相手の目を見すぎると圧迫感を与えると学び、見すぎずに話すことを日常で試してみたところ、友人も増えて、あらためて心理のメカニズムの奥深さを思い知りました。

分析力と論理的思考で「自分」を深く理解。

心理学は何事にも根拠を見出す論理的な学問です。私は勉強を重ねるうちに、あらゆる事柄に対して分析癖がつきました。特に就職活動の最中は、「あの時こういう行動を取ったけれど、どうして私はそうしたのか」といつも自分自身を深く分析。それが役に立ち、面接で企業の方に自分はどんな人かと聞かれた時も戸惑うことなく自分自身をうまく説明することができました。「好きな内容だから」と会社を選ぶのではなく、働く環境や趣味との両立など、将来の希望をじっくりと分析し、具体的に思い描くことができてから、企業選択のブレもなくなったと思います。心理学で身につけた論理的思考と分析力で「自分」を深く理解できたこと、何から始めたらいいかわからなかった就職活動を的確に導いてくれたキャリアセンターの手厚い支援もあって、希望の会社の内定をいただくことができました。これから切り拓いた未来を、頑張って充実させていきたいと考えています。

2013年7月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE