HOME > 留学・国際交流 > 中京大学の留学制度

中京大学の留学制度

海外留学・研修プログラム

国際センターでは、さまざまな留学・研修プログラムを用意。
目的や時期、国など多種多様なパターンから自分に合った 海外経験を積むことができます。

何を学ぶ? 時期・期間は? 行き先は? 必要な
語学力は?
ポイント





海外大学体験 海外の大学の附属語学
学校で英語を学ぶ
夏季・春季休暇中
約4〜5週間
アメリカ、
カナダ、
オーストラリア
など
語学力は
問いません
海外の大学生活を
体験できる
海外
ビジネス研修
英語の勉強

海外の企業を訪問
or
インターンシップ
夏季・春季休暇中
約1〜2週間
アメリカ、
オーストラリア、
ベトナム、
フィリピン
など
海外のビジネスを
体感できる
セメスター留学 海外の大学の附属語学
学校で1セメスター
みっちり英語を学ぶ
8月下旬〜12月下旬
(1セメスター)
アメリカ、
カナダ、
イギリス、
オーストラリア、
ニュージーランド
など
中級以上
(TOEIC®
400点以上)
"生きた英語"に触れ、TOEIC®のスコアが
平均100点UP!
奨学金制度あり
交換留学 海外の大学の
正規授業を受ける
8月下旬〜
翌年5月中旬*1
(約1年間、
1セメスター*2)
アメリカ、
フィンランド、
フランス、
オーストラリア
など
上級
TOEFL®ITP
500点以上、
TOEFL®iBT
61点以上)
約1年間留学しても
4年間で卒業可能。*3 
現地学生と一緒に正規
授業を受講。
留学先の学費免除、充実した
奨学金制度で費用も割安
*1
留学先の国によって異なる場合があります。
*2
1セメスター交換留学は、3年次にオーストラリア・韓国以外の国に留学する場合のみ可能です。
*3
工学部を除く。

全学部対象の海外留学(国際センター主催)

交換留学【約1年間】

交換留学は海外の大学で行われている正規の授業に出席することになるため、高い語学力が求められます。
約1年間という長期間の海外留学を経験することにより、真の国際人になるための確固たる経験を育むことができます。

中京大学は交換留学のための国際的な大学連合組織「ISEP(International Student Exchange Programs)」日本初の加盟校です。交換留学はこのISEPを通じて行うものと、大学間で交換留学のための協定を個別に締結した「個別協定校」との間で行うものの2種類があります。留学先はISEP加盟校と個別協定校を合わせた世界の300以上の大学から選ぶことができます。アメリカ、イギリス、フィンランド、オーストラリア、フランス、韓国など選択肢が豊富です。いずれの場合も、留学先の大学では学費が免除され、成績優秀者は奨学金を受けることもできます。また、ISEPの場合は学費のみならず生活費(食費と宿泊費)も含めた互換となるため、生活費も抑えることができます。2年次からの留学を推奨していますが、3年次で参加する場合は、1セメスターでの交換留学も可能です。留学中に現地の大学で修得した授業科目の単位は、中京大学で修得すべき授業科目として認定。休学することなく留学でき、4年間で卒業することができます(工学部を除く)。

全学共通科目として単位認定する学部:全学部
専門教育科目として単位認定する学部:国際英語・国際教養・文・心理・法・経済・経営・総合政策・現代社会・スポーツ科学部
※単位認定に関しては、留学先実績などにより変更になる可能性があります。

留学先例


California State University, Chico
カリフォルニア州立大学 チコ校

Boise State University
ボイシー州立大学

Kennesaw State University
ケネソー州立大学

Western Carolina University
ウェスタンカロライナ大学

Clemson University
クレムソン大学

Ewha Womans University
梨花女子大学校
クリックで拡大します。

セメスター留学

1セメスター(1学期間)の留学プログラム。主に英語の語学力向上が目的のプログラムです。地域交流や異文化体験などで“生きた英語”に接する日々を送ることで、早期に英語の実力を身につけることができます。

“セメスター”とは日本語に訳すと“学期”。「セメスター留学」は秋学期の約1学期間(8月下旬〜12月下旬)の間、現地大学の附属語学学校に通います。英語力アップを目的とした、英語を母語としない留学生のためのプログラムです。カリキュラムは読む、書く、話す、聞く力をトータルに学ぶように構成されており、1週間におよそ20時間の授業を受講します。実践的な英語力の向上を目指す留学で、実際の参加者はTOEICの点数で平均100点アップ。英語力をしっかり身につけたい方、短期では物足りない方に適した留学プログラムです。留学先はアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどの大学から選ぶことができます。また、全学部共通科目として単位認定されるほか、専門教育科目として国際英語・国際教養・文・心理・法・経済・経営・総合政策・現代社会・スポーツ科学部で単位認定されます。

留学先例


University of Wisconsin-La Crosse
ウィスコンシン大学 ラクロス校

University of Conneticut
コネチカット大学

Marylhurst University
メリルハースト大学

University of Toronto
トロント大学

Thompson Rivers University
トンプソン・リバーズ大学

University of East Anglia
イーストアングリア大学
クリックで拡大します。

海外短期研

夏季休暇や春季休暇の約1〜5週間を利用した短期間の海外研修。語学力は問わないため、まず海外を体験したい人に適したスキルアップ研修です。主に異文化交流を目的とした「海外大学体験」と、企業訪問やインターンシップを行う「海外ビジネス研修」を実施しています。また多くの学部で専門教育科目として単位認定をしています。

プログラム

海外大学体験

海外の大学で留学生活を体験。メインの英語研修のほか、アクティビティを通じて異文化交流を図れます。長期留学を希望している人の海外体験入門編にも適しています。

メリルハースト大学(アメリカ)

ビクトリア大学(カナダ)

グリフィス大学(オーストラリア)

海外ビジネス研修

海外企業や日系企業を訪問し、海外ビジネスを体感するプログラム。将来グローバルに活躍したい人や世界のビジネスを体感したい人向けです。英語の研修もあります。

シドニー(オーストラリア)

ニューヨーク(アメリカ)

ホーチミン(ベトナム)

マニラ(フィリピン)

※留学先・内容などは変更になる可能性があります。

学部・学科主催の海外留学

中京大学では、各学部・学科・専攻の学びと連携した海外留学・研修プログラムを用意。
学びとの相乗効果で具体的な未来へぐっと近づくことができます。

国際英語学部

多彩な留学・海外研修プログラム
専攻ごとの目標・目的に合わせた多彩な留学・海外研修プログラムをカリキュラムに組み入れ、実体験に基づく異文化理解と実践的な語学修得を目指します。また、これらの留学・海外研修を体験する学生は毎年200名を超えています。

国際英語キャリア専攻
  • 海外基礎研修(1年次・必修)
    シンガポール
  • 海外研修(2〜4年次)
    海外研修A
    オーストラリア(5週間)
    海外研修B
    カナダ・シドニー・ニューヨーク(2〜5週間)など
  • 海外業務体験(2〜4年次)
    ロサンゼルス・ハワイ
英語圏文化専攻
  • 海外大学研修(2年次)
    海外大学研修1
    グロスターシャ大学(イギリス)
    海外大学研修2
    セント・メリーズ 大学(カナダ)
    セント・ジョンズ大学(カナダ)など
  • 海外セミナー
    海外セミナーⅠ
    カナダ
    海外セミナーⅡ
    ニューヨーク など
国際学専攻
  • 海外業界研究(1〜4年次)
    海外業界研修
    ニュージーランド 韓国 シンガポール
    アメリカ インド
国際教養学部 国際教養学科
国際教養学部 国際教養学科
海外課題研修
(2年次または3年次)

フランス、スペイン、ドイツ、
ロシア、中国(約4ヵ月)

2年次(または3年次)秋学期に、選択外国語の母国への1セメスター留学を実施。
英語+フランス語・スペイン語・ドイツ語・ロシア語・中国語の中から選択した言語を、少人数教育によって徹底指導を行う国際教養学部。
選択外国語の母国へ約4ヵ月間留学し、現地の人々の暮らしぶりやその背景となる歴史・文化に触れ、広く深く、言語を理解します。

≫ 詳しくはこちら

現代社会学部 現代社会学科 国際文化専攻
現代社会学部 現代社会学科 国際文化専攻
海外短期研修(1年次・必修)
マレーシア(約2週間)
海外博物館研修(3年次)
アメリカ、イギリス、南アフリカ(約2週間)など

人びとが実際に生活し、文化が営まれる現場で学ぶフィールドワークを重視。
海外短期研修は英語の学びと共に、異文化体験や交流を通して、フィールドワークや文化人類学研究の基礎を学びます。
海外博物館研修は海外研究者、現地博物館学芸員による講義、博物館でのショート・インターンシップを体験。

≫ 詳しくはこちら

心理学部 心理学科
心理学部 心理学科
心理学海外演習
(2年次または3年次)

オーストラリア(約4週間)

オーストラリアで心理学の講義を受け、英語力を磨いて、人間的にも成長。
単なる語学の研修や異文化交流にとどまらず、心理学の講義の聴講・心理の仕事をしている現場の見学といった内容を盛り込んだ、心理学部独自の海外研修プログラムを開講。

≫ 詳しくはこちら

経営学部 経営学科
経営学部 経営学科
海外ビジネス研修(1年次)
オーストラリア(約2週間)

大学1年次という早期に、海外ビジネスの現場を体験する研修を実施。
あらゆる業界・産業分野においてグローバル化がますます加速する現代。経営学部では、学生自らが「自分に何ができるか」「何を学ぶべきか」を考え、ワールドワイドビジネスに適応できる人材の育成を目指しています。
大学生活の早い段階で国際社会の現場を体感してもらうため、1年次に希望者が全員参加できる「海外ビジネス研修」を実施。

≫ 詳しくはこちら

総合政策学部 総合政策学科
総合政策学部 総合政策学科
海外インターンシップ
アメリカ/ロサンゼルス
(約3週間)

海外の職場で実際の仕事を体験し、「社会人基礎力」を伸ばす。
学生のうちに社会を知ることは、将来のキャリアを考える上で貴重な体験となります。
海外で責任ある業務を任されて働く体験によって、仕事意識が高まるだけでなく、異文化理解も深まり、「実社会で必要とされる人材」へと成長する足がかりをつかみます。

≫ 詳しくはこちら

スポーツ科学部 スポーツ健康科学科・競技スポーツ科学科
スポーツ科学部 スポーツ健康科学科
トレーナー事例研究(1年次)
アメリカ/ロサンゼルス・アリゾナ
(約10日間)など
<対象:スポーツ健康科学科>

スポーツ大国アメリカで世界トップレベルの環境に接して、
自らのキャリアイメージを描く。

スポーツ大国アメリカに渡り現地で活躍するトップレベルのスポーツトレーナーから先端的トレーニング理論に関して直接指導を受ける研修を実施します。
スポーツ大国でトップクラスのスポーツトレーナーやビジネスパーソンと接するのは、他ではできない体験。

≫ 詳しくはこちら

スポーツ科学部 スポーツ健康科学科
スポーツマネジメント事例研究
(2年次)

アメリカ/ロサンゼルス・アリゾナ
(約10日間)など
<対象:競技スポーツ科学科>

スポーツ大国アメリカで世界トップレベルの環境に接して、
自らのキャリアイメージを描く。

2年次の秋学期に、アメリカにおけるスポーツビジネスの先進地(主にロサンゼルス・アリゾナ)を訪れ世界トップレベルのダイナミックなスポーツビジネスの現場を実地に体験する研修を実施します。
※ADM Inc.との提携プログラムです。

≫ 詳しくはこちら

※内容などは変更になる可能性があります。

名古屋キャンパス

〒466-8666 愛知県名古屋市昭和区八事本町101-2
TEL 052-835-7170(入試センター)

豊田キャンパス

〒470-0393 愛知県豊田市貝津町床立101
TEL:0565-46-1211

  • 資料請求はこちら