HOME > 学部紹介 > 現代社会学部 > 現代社会学科 社会学専攻

現代社会学部 現代社会学科 社会学専攻

履修の流れ

1

社会学の基礎の学び 2

多角的な視点の獲得 3

4

社会構想力の修得
社会学の基礎を学び、現代社会の諸現象を政治や経済、文化などの大きな枠組みの中に位置づけ、問題の全体像を明らかにする社会学の研究手法を修得します。 メディアや教育、労働、福祉など諸分野の課題を幅広く検討し、多角的な視点を獲得。「社会の見方」を身につけ、自らの研究対象を見つけていきます。 ゼミ研究を通じて、自ら興味をもった分野で新しい社会の仕組みをデザイン(構想)し、社会に向けて提案・発信することで社会構想力を磨きます。

社会構想力を養成

社会学的想像力の育成

身の回りで起こっている身近な問題は、経済政策や教育制度、法律、国民の意識や慣習など、さまざまな要因により引き起こされています。身近な問題について、現象や変化を数量的に捉える一方、その根っこにある制度や文化的な背景にも着目します。政治や経済、教育、労働分野などの枠組みを横断し、問題の根っこが伸びていく先をどこまでも追求します。

社会構想の設計

ゼミ研究では、学生一人ひとりがそれぞれのテーマで社会における新たな「つながりの創造」に向けた構想づくりに挑戦。文献調査や現地調査から得られた情報・データの分析をもとに、問題を生み出している社会構造やその全体像を明らかにします。さらに、フィールド実践やグループ討議を通じ、新しいつながりを生み出す社会の仕組みを構想します。

メディアの社会学・教育の社会学

自らの構想(アイデア)を社会に発信するために、社会に広く情報を発信する「メディア」の役割に着目し、既存のマスメディアからSNS等のネットワークメディアまでその特性や手法、効果について学びます。また、個人の習慣や倫理観などに大きな影響を与える「教育」に関し、その現状における課題について学び、新たな教育手法の提案も行います。

Achivement学習・研究活動一覧はコチラ

名古屋キャンパス

〒466-8666 愛知県名古屋市昭和区八事本町101-2
TEL 052-835-7170(入試センター)

豊田キャンパス

〒470-0393 愛知県豊田市貝津町床立101
TEL:0565-46-1211

  • 資料請求はこちら