現代社会学部

現代社会学科

社会構想とフィールド実践

フィールドで発見した課題の解決に向けて、
新しい社会のあり方を構想し、その実現に自ら挑む

1年次より各専攻の基礎を学びつつ、フィールドワーク、社会調査、データ分析の実践を通して、現代社会が抱えるさまざまな課題の原因と背景を探ります。2年次から始まるゼミ研究では、収集した実証データをもとに、個別のテーマで課題解決に向けた社会構想を練り上げ、提案・発表によって社会に発信します。さらに、自らの構想に基づいた活動や研究を展開。この実践結果の検証と改善、再挑戦を繰り返すことで、社会学研究のみならず、社会人に求められる高度な課題解決力、交渉力、情報発信力を身につけます。

◆現代社会学部の実践型研究

Pick Up!社会つながりプロジェクト

地域とキャンパスをつなげる≪社会つながりプロジェクト≫を実践。

地域の課題解決や相互交流を目的に、企画、運営、組織づくりまで学生が主体的に取り組む「社会つながりプロジェクト」。大規模な社会調査やまちづくり支援、震災被災者支援など、キャンパスをとびだし学生と社会の人々が結集する組織的なフィールドワークにより、実践的な調査手法やコミュニケーションスキルの修得を可能にします。

体験者の声

社会学専攻《加藤ゼミ》 地域メディア職場体験プロジェクト

奄美大島のローカル局での体験から、
メディアと文化の関係を学ぶ。

Reported by

現代社会学部 現代社会学科3年 萩野 楓

奄美大島のローカルテレビ局でインターンシップを体験。地元ラジオへの出演や島人へのインタビュー取材と撮影、さらにイベント運営のお手伝いまで初めて体験することばかり。印象深かったのは、島で聴いた子供たちのシマ唄。島独特の三味線も唄声も心に響くものでした。そして生活に密着したメディアは地域の文化の伝承や創造と深く結びついている、これが私の発見です。現在は、奄美での発見や経験を活かして、シマ唄からわかる「地域と文化とメディアの関係」について研究しています。

社会学専攻ページはこちら

コミュニティ学専攻《村上ゼミ》 ドラゴンズ・プロジェクト

データの分析を通して、
磨かれたのは課題を解決する力。

Reported by

現代社会学部 現代社会学科4年 漆間 茜

通称“ドラP”は、ドラゴンズ球団とナゴヤドームの協力で始まった大規模社会調査プロジェクトです。毎年千人以上の観客を対象にアンケート調査を実施。調査計画から運営、分析、提言まで学生が行い、最終的に球団へプレゼンテーションします。私たちのチームは、シニア層のリピーター拡大に向けた施策を提案しました。膨大なデータから課題を見つけ、解決に向けてさまざまな角度から検証するスキルは、課外活動で行っている全日本大学駅伝などの学生陸上競技の大会運営にも役立っています。

コミュニティ学専攻ページはこちら

社会福祉学専攻《大友ゼミ》 東日本大震災の被災地に学ぶプロジェクト

被災地で人々の思いを聞き、
心のケアの大切さと広く伝える重要性を実感。

Reported by

現代社会学部 現代社会学科4年 坂部 正太郎

震災の支援で、2年次は仮設住宅に住む子どもたちと遊ぶプロジェクトに参加しました。その結果、今後の支援は被災地の人々の現状を正しく理解し、外に伝えることが大切だと実感。3年次は被災した方の話を聞く活動を行いました。そこで見えてきたのは、「心のケアの重要性」。震災から5年経ってもまだ津波の恐怖に苦しむ人も多く、子どもたちも心に深い傷を負っています。これらをテーマにさらに研究を行い、次世代へ伝えていきたいです。また、この活動によって多くの人と直に関わることができ、コミュニケーション力や実行力が身につきました。

社会福祉学専攻ページはこちら

国際文化専攻《斉藤ゼミ》 子ども環境教育プロジェクト

子どもたちに環境を伝えるイベントで、
行動する大切さを学んだ。

Reported by

現代社会学部 現代社会学科卒 深谷 綾乃

まずは自分自身の暮らしや文化を知り、そして他文化に目を向けるのが文化人類学の第一歩。この観点から、日進市の子どもたちに向けた環境学習イベントを実施。自らの目で見て触って感じることで自分の故郷について知り、考えるきっかけとなるのが目的です。イベントでは、日進市内の公園で1泊2日のキャンプをし、魚や虫と触れあいました。最初は抵抗を感じていた子どもたちも、私たちスタッフがやってみせることでだんだん楽しんで参加してくれるように。「まずは自分が行動すること」の大切さを、子どもたちから学ぶことができました。

国際文化専攻ページはこちら

2016年度の内容です。

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE