文学部

歴史文化学科

歴史文化学科概要

現地踏査(フィールドワーク)による発見をもとに史実と向き合い
新たな地域歴史像の構築に挑戦する

歴史研究においては、一つの発見がそれまでの常識や歴史観を塗り替えることがあります。歴史文化学科では、こうした独自の発見を目指して、多様な歴史遺産との対話が不可欠。そのため、歴史文化に関する「正確かつ幅広い知識」に加え、史料や古文書を読み解く「実証的研究」、フィールドワーク(現地踏査)による「体験型研究」を重視します。こうした現地体験と多角的な学びを通してあなたは、多様な情報を収集・整理する力を養い、そこから自らの考えを生み出す力、また考えを他者に伝える力を獲得していきます。独自の発見への挑戦を通じて、現代の諸課題にも実証的に向き合う姿勢が育まれ、社会が求める基本的な能力(社会人基礎力)も獲得されていきます。

中部地域の中核都市「名古屋」で歴史を学ぶ

信長が秀吉が、そして家康が青春時代を過ごし、天下統一の夢に向けて駆け巡った尾張・三河・美濃…。ここ中部地域は、古くから畿内(関西)と東国(関東)とを結ぶ交通の要衝として栄え、戦国期以前も、鎌倉、室町幕府の成立に深く関与してきました。また、江戸時代には、中部地域出身の戦国大名達が全国に散らばり、300年にわたる幕藩体制の基礎を築き上げました。さらに明治の開国以後も、日本のみならず世界の産業の先進地として革新の歴史を刻み続けています。
そんな中部地域の中核都市「名古屋」にあって、時代の魁を生み出し続ける中部の学術研究拠点「八事アカデミックエリア」から、地域の歴史遺産と直接対話しながら、独自の発見をともなう地域歴史像の構築と文化創造に挑戦する新たな歴史文化学の学びが実践されています。

文献読解力

歩いて・見て・感じる、新しい歴史文化の学び

歴史文化学科は、日本の歴史文化について正確な知識をもち、現代の諸問題に実証的な態度で向き合える人材の育成を目指します。特に、世界の大航海時代の始まりと重なる戦国時代から鎖国により独自文化を育んできた江戸時代、そして維新・開国から現代にいたる「時代の変革期」に焦点をあて、それぞれの時代に列島外との交流が日本人の暮らしやアイデンティティに及ぼしてきた影響について考察します。歴史に名を残す武将らが続々と現れた中部地域の歴史遺産や人々の営みの歴史に敬意を払いつつ、歴史から今日に生き、明日を創る智恵を引き出していきます。

歴史の宝庫である地で学び、社会へ

「織田信長朱印状」や「羽柴秀吉禁制(きんぜい)」をはじめ、学内にある貴重な史料を用いて文献読解力を養います。また、歴史の資料は、書庫に眠る文献だけではありません。社寺に伝わる古文書や絵巻、石碑、さらには祭礼で奉納される舞や供物の中に、歴史をひも解く手がかりが残されていることがあります。そのため歴史文化学科では、フィールドワークを積極的に実施します。視点を変える。視野を広げる。こうした意識をもつことは、学ぶ上ではもちろんのこと、生きていく上でも重要です。

体験型の学び

カリキュラム内容

フィールドワークによる現地体験と多角的な学び

「踏査基礎演習」でフィールドワークの初歩をグループ単位で実践し、「卒業研究ゼミナール」では各自の研究対象を設定します。歴史遺産の宝庫である中部地方で、体験と歴史資料に基づいた発見と思考の深まりを重視し、より本格的な調査・研究活動を展開。また、隣接分野の多角的な学びを両輪にして、埋もれた地域社会の史実と向き合う姿勢、視点を獲得します。

関連授業

踏査基礎演習(フィールドワーク)/民俗学概論/自然地理学/歴史地理学/地誌/考古学概論 など

就業力アップにもつながる「フィールドワーク合同発表会」

必須科目「踏査基礎演習」において、グループで1年間かけて調査してきた研究成果を紹介する「フィールドワーク合同発表会」を催しています。2016年度は12月、3週にわたって実施。「尾張☆ナゼそこに!晴明伝説」「清須秘話ヒストリア」「『野球王国』愛知!?」などのテーマで、2年生20チームが発表しました。グループでの研究活動を通じて実社会で求められるチームワークやコミュニケーション能力を身につけ、発表に向けた活動で論理的思考力や構想力、プレゼンテーション力も醸成。社会で役立つスキルを高めて、就業力アップにもつなげます。

博物館で実習し展示発表も経験 学芸員への第一歩となる1年間に

「博物館に関する科目」で得た知識を踏まえて、学芸員としての活動に必要な知識や技術を学ぶ、3年次の「博物館実習」。春学期は、基礎的な資料の取り扱い方を学び、規模の異なる博物館を見学実習して、博物館活動の概要を実見します。さらに館園実習を通して、学芸員の職務の多様さを知り、その幅広い業務全体を理解。博物館を支える人たちの層の厚さも学び取ります。秋学期は、歴史系とは異なる館を見学実習して、館種による活動の差異を学ぶと共に、大学祭にあわせて大学内の展示室で展示発表も実践。魅力ある展示を構成する力と、解説の技術も養います。

*学芸員課程科目

関連授業(学芸員課程科目)

博物館概論/歴史資料と博物館/地域と歴史文化情報/郷土の民俗特論 など

実社会で役立つスキル系科目の充実

研究手法の修得と社会人としての基礎力強化に役立つスキル系科目を設定。研究活動にスキルを活かすと共に、実社会に求められるコミュニケーション能力、情報リテラシーや論理的思考力、構想力、プレゼンテーション力を身につけ、就業力アップにつなげます。

関連授業

コンピュータ活用技術/コンピュータで学ぶ文章作法/オーラルコミュニケーションⅠ・Ⅱ/コミュニケーション・スキルⅠ・Ⅱ/仕事のコミュニケーション など

教員と学びの時代

研究領域

古代から現代まで全時代を網羅、特に戦国織豊期以降に専任教員を重点配置

基礎科目では、宗教や信仰を含めた世界史的な学びと共に日本の古代から現代にいたる歴史を概観します。基幹科目においては、中部地方とゆかりの深い戦国・織豊期、江戸時代、また幕末維新期から2度の世界大戦を経験した近現代など特論的講義を開講します。

専任教員の担当分野 専任教員の研究分野またはテーマ
日本古代中世 15・16世紀の尾張三河地域社会と権力
戦国織豊期 織豊政権論・織豊期生活史
日本思想・宗教 近世および近代思想史
江戸時代 尾張藩政史・大名の生活空間
日本近現代 明治期の政治史・自由民権運動
民俗学 尾張三河の年中行事・子供の民俗
社会科・地理歴史科教育 現物史料を活用した歴史の授業
  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE