HOME > 学部紹介 > 文学部 > 歴史文化学科 学科概要

文学部 歴史文化学科 学科概要

現地踏査(フィールドワーク)による発見をもとに史実と向き合い
新たな歴史像の構築に挑戦する

歴史研究においては、ひとつの発見がそれまでの常識や歴史観を塗り替えることがあります。歴史文化学科では、こうした独自の発見を目指して、多様な歴史遺産との対話が必須。そのため、歴史文化に関する「正確かつ幅広い知識」に加え、史料や古文書を読み解く「実証的研究」、フィールドワーク(現地踏査)による「体験型研究」を重視します。こうした現地体験と多角的な学びを通してあなたは、多様な情報を収集・整理する力を養い、そこから自らの考えを生み出す力、また考えを他者に伝える力を獲得していきます。独自の発見への挑戦を通じて、現代の諸課題にも実証的に向き合う姿勢がはぐくまれ、社会が求める基本的な能力(社会人基礎力)も獲得されていきます。

中部地域の中核都市「名古屋」で歴史を学ぶ

信長が秀吉が、そして家康が青春時代を過ごし、天下統一の夢に向けて駆け巡った尾張・三河・美濃…。 ここ中部地域は、古くから畿内(関西)と東国(関東)とを結ぶ交通の要衝として栄え、戦国期以前も、鎌倉、室町幕府の成立に深く関与してきました。 また、江戸時代には、中部地域出身の戦国大名たちが全国に散らばり、300年にわたる幕藩体制の基礎を築き上げました。 さらに明治の開国以後も、日本のみならず世界の産業の先進地として革新の歴史を刻み続けています。
そんな中部地域の中核都市「名古屋」にあって、中京大学は2014年4月、文学部の半世紀に及ぶ日本文化研究の成果を礎に、 日本の歴史と文化を総合的に研究する『歴史文化学科』を開設。 時代の魁を生み出し続ける中部の学術研究拠点「八事アカデミックエリア」から、地域の歴史遺産と直接対話しながら、 独自の発見をともなう地域歴史像の構築と文化創造に挑戦する新たな歴史文化学の学びが始まります。

Achivement学習・研究活動一覧はコチラ

名古屋キャンパス

〒466-8666 愛知県名古屋市昭和区八事本町101-2
TEL 052-835-7170(入試センター)

豊田キャンパス

〒470-0393 愛知県豊田市貝津町床立101
TEL:0565-46-1211

  • 資料請求はこちら