文学部

日本文学科

日本文学科概要

次代を超えた"和のこころ"にふれる

「世界における日本」を意識した文学研究

日本語は言葉の一つひとつが深みを持っており、それが連なって文となり文学となっています。ここでは、伝統文化の結晶ともいえる日本文学を探究します。従来の文学部国文学科と比べて「世界文学の中の日本文学」という位置づけをより強く意識した総合的研究を行っています。

「世界における日本」を意識した文学研究

基礎から専門へと着実に広がる学び

1年次必修科目の「日本文学入門」「日本文学史」で、全ての時代における文学の概要を学び、各時代における作品の価値や、その後の発展過程を概観します。2年次には各時代の「文学を読む」科目から、自分が興味のある分野・時代をいくつかを選択し、理解を深めます。3・4年次の卒業研究ゼミナールで興味を持った時代の分野・作品を独自の視点から考察、研究するという具合に、段階を経て専門の学びを深めていきます。また、膨大な資料検索や研究活動にはコンピュータ操作技術が不可欠であるので、「コンピュータ活用技術」や「コンピュータで学ぶ文章作法」などの情報処理科目でそのスキルを高めることができます。

教員と学びの分野・時代

研究領域

充実した教授陣による少人数教育

日本文学科においてもっとも特長的なのが、古代から近現代の時代に専任教員を配している点です。なかでも特に古典の層は充実しています。なぜなら、近現代文学は古典を受け継ぎ、その上に成り立っているものだからです。また、少人数構成で充実した講義が行われているのも特徴のひとつです。

担当分野 研究分野またはテーマ
中古文学 『大鏡』『狭衣物語』などを中心とする物語文学
中世文学 『平家物語』などの軍記物語及び伝承文芸
近世文学 『信長記』『太閤記』などの近世軍書および板本書誌学
近代文学 児童文学・文化を含む近現代文学・文化(から有川浩まで)
日本語学 日本語史(中古~近世の日本漢字文の語彙・語法)
国語教育 国語教育の教材論

体験型の学びによる重層的・多面的な理解

多彩なアプローチで興味を深められる

学内図書館には室町から江戸時代にかけての和本を中心に蔵書が充実しているのに加え、歌舞伎などの観劇や、歌や物語の舞台となった場所を見聞するフィールドワークなどにも力を入れ、重層的・多面的に日本文学を理解できるのも魅力です。

日本文学科新入生オリエンテーション

文学研究への興味を広げる機会を提供

日本文学科では毎年4月、新入生を対象としたオリエンテーションを実施。文学への知識と関心を深めることを目的に、文学作品にゆかりのある地を訪れ、その作者が目にした光景や時代の文化に触れる機会を提供しており、新入生と上級生数名が参加。三重県松阪市の松阪城跡や本居宣長記念館、明和町の斎宮歴史博物館を訪れました。「古事記」や「源氏物語」などの古典研究で偉大な業績を遺した宣長や、伊勢神宮に仕える皇女で「伊勢物語」と深い関わりをもつと言われている斎王について、それぞれの生涯や業績を学び、レクリエーションを通じて、新入生同士親交を深めました。

<2016年4月時点の内容です>

日本文学の専門知識と思考力を身につけ幅広い分野で活躍

研究等を通して、思考力や問題解決能力を身につけ、国語科教員をはじめとする公務員のほか、一般企業など幅広い分野で活躍が期待されます。

国語教員採用試験合格者数80名(2012-2016)<日本文学科・言語表現学科実績>

文学部内定実績はこちら

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE