HOME > 大学概要 建学の精神

建学の精神

「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」

建学の精神は、私学の創立者が次代を担う人材の育成を願い、私財を投げ打っての学校開設にあたって、創立者の理念と気概をうたいあげたものです。 わが国の高等教育で大きな役割を果たしている私立大学は、それぞれの建学の精神に基づいて教育活動を展開、個性豊な教育の場として発展してきました。

梅村学園の建学の精神は、「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」で、1923年(大正12年)、学校法人梅村学園の母体である中京商業学校の開設にあたり、創立者の梅村清光がその理念と気概をうたいあげたものです。この精神は時代を超え、中京大学をはじめとする学園傘下の5つの教育機関に脈々と受け継がれています。

建学の精神

「建学の精神の四大綱」について

中京大学の創立者であり、初代学長の梅村清明(初代梅村学園理事長)は、建学の精神にうたわれた「学術の場」と「スポーツの場」のあり方について、次のように示しました。

「学術の場では学術の研鑽と共にジェントルマンシップ、レディシップを醸成陶冶する」。

学問に真摯、真剣に取り組むよう求めたうえに、男性も女性も人間としての人格陶冶が教育の理念であることを掲げました。大学が学術の殿堂、すなわち、知の集積拠点として教育・研究両面でその役割を高めていくことが目標であることはいうまでもありません。

「スポーツの場では健康の増強、心技の練成と共にスポーツマンシップを体得する」。

スポーツ各競技の技の向上をめざし、精神力を鍛錬するだけにとどまらず、スポーツマンシップとして

1)
ルールを守る
2)
ベストを尽くす
3)
チームワークをつくる
4)
相手に敬意を持つ

の四大綱の体得を求めました。

そして、「このような精神の体得者は個人としても、家庭人としても、社会人としても、国民としても、世界人類の1人として誠に望ましい人間である」として、「このような教育は如何なる国の如何なる時代においても肯定され、歓迎される本質を有する」と、建学の精神を時空を超えた教育理念として堅持する気概を示しました。

名古屋キャンパス

〒466-8666 愛知県名古屋市昭和区八事本町101-2
TEL 052-835-7170(入試センター)

豊田キャンパス

〒470-0393 愛知県豊田市貝津町床立101
TEL:0565-46-1211

  • 資料請求はこちら